仮想通貨の仕組みや特徴!購入方法や取引方法を教えて!

最近何かと話題になっている仮想通貨。日頃からビットコインやイーサリアムといった名前を何気なく耳にする方も多いのではないかと思うのですが、仮想通貨とはどういった存在であるか。

そして、その仮想通貨を取引するというのは一体どういう事なのか等をご紹介させて頂ければと思います。

仮想通貨とは一体何か?

仮想通貨とは
まず、普段私達が使用している円やドルといった既存通貨も、それ自体に価値があるわけではありません。

極端な話、千円札というただの紙切れと実体のある物やサービスが交換可能であるのがおかしな話なのですが、千円札には千円の価値があると国家が保証してくれているので、私達は安心して千円札を取引に使用できるという形になっています。

一方、仮想通貨の方は政府の保証がなく、バーチャルな通貨ですので千円札のような紙幣も硬貨も存在しません。それでは、一体どのようにして価値が担保されているのでしょうか。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨は、今までの通貨の中央集権的な管理方法とは違い、世界中の有志の端末を使用して管理されています。取引に関してもその開発プログラムに関してもオープンにされており、誰でもその中身を閲覧する事が可能です。

今までの通貨の在り方が、強い力を持った機関(国家や政府等)が、その強固な力を駆使して不正を防止するから安全に使っていいよという話だったのですが、仮想通貨はオープンにする事で、不正があったら世界中の監視網でばれるでしょ?という仕組みになっています。

取引に関してもブロックチェーンシステムと呼ばれる画期的な手法で管理されているため、今のところは不正な取引が入り込む余地はほぼ皆無と言われており、そういった点で信用を集め、現在の仮想通貨の価値を形成していると言えます。

仮想通貨の銘柄やその特徴

仮想通貨は発行する事に制限が加えられておらず、また前述した通り仮想通貨のパイオニアであるビットコインのプログラムがオープンにされているため、非常に様々な銘柄が存在します。

細かいところまで言うとキリがないのですが、大きく分けるとビットコインとそれ以外という形になるでしょうか。

ビットコインは非常に有名ですので、その名前を耳にした方も多いと思います。仮想通貨の先駆け的存在であるため、現時点で最も値上がっている仮想通貨と言えるでしょう。その特徴としては、巨大さ故によく分裂騒動が起きるという辺りでしょうか。

これまでにビットコインキャッシュ、ビットコインゴールド、ビットコインダイヤモンド等に分裂しており、それぞれに目指す価値観が異なっています。

ビットコイン以外のコインは基本的にアルトコインと呼ばれ、イーサリアムやリップル、モナコイン辺りが含まれます。

これらの特徴としては、今でも値が安いものが多く、それでいてビットコインのような値上がりが期待できる可能性を秘めているといったところでしょうか。

そして、今でも新しい仮想通貨がどんどん生まれているため、ICOに参加する事も可能となっています。

なお、アルトコインの中にはブロックチェーンが使われていないものがある等、システム面での違いも顕著であると言えるでしょう。

仮想通貨を取引するには

仮想通貨取引所
仮想通貨を取引するためには、仮想通貨取引所と呼ばれるサービスに登録をする必要があります。

仮想通貨自体を個人でやり取りする分にはそういったサービスに登録をする必要はないのですが、仮想通貨を既存通貨で購入したり売却したりする際には取引所を介さないと難しいシステムになっています。

仮想通貨取引所で有名なのは、bitFlyerCoincheckZaif等が挙げられるでしょう。それぞれに総取引量や手数料、取引のしやすさ等が異なりますので、仮想通貨の取引をされる方は自分の投資スタイルに合った取引所を選ぶ事が大事であると言えます。

簡単にですが、仮想通貨に関してご紹介させて頂きました。

仮想通貨自体がまだまだ新しい概念であり、社会への浸透度もそれほど高いとは言えませんが、既存の通貨の概念を覆すような画期的な発明である事に変わりはありませんので、取引だけではなく、日常生活においても使用しやすくなる等、その将来には個人的に期待している所存です。