ビットコイン以外で注目を集めている仮想通貨について

ビットコイン以外の仮想通貨
今、投資家の間でも何かと話題になっている仮想通貨ですが、日本で仮想通貨と言えばビットコインの名前が知れ渡っており、実際にこのビットコインの価値が右肩上がりの状況が続いております。

仮想通貨の世界でビットコインの時価総額は25兆円にまで急成長を遂げており、まさに仮想通貨のトップを進んでおります。

しかし、その一方では、ビットコインに変わる他の仮想通貨の中でも急成長が見込まれる銘柄が有り、ビットコインに変わる仮想通貨をご紹介します。

仮想通貨の世界では、ビットコインとその他の仮想通貨としてアルトコインと呼ばれる分類に分ける事が出来ますが、このアルトコインと呼ばれる仮想通貨の中にはおおよそ1,000にも及ぶ仮想通貨が存在すると言われており、ビットコインに次ぐ有望な仮想通貨としてはイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、カルダノ、ライトコイン、ネム、ネオ等が主なアルトコインの有望株として挙げる事が出来ます。

これらのアルトコインは、ビットコインが持つ様々な特徴を踏襲している事は勿論ですが、ビットコインの持っていた欠点を補う改良が図られていたり、独自の改良が図られていたり、更には世界的な企業とのタイアップが行われている等従来のビットコインには無い工夫が図られている物が非常に多く有ります。

そんな中で今後ビットコインに変わって大きく躍進が期待される仮想通貨を2つご紹介します。

1つ目はイーサリアムです。イーサリアムは現在迄の時価総額はビットコインに次ぐ世界第2位で14兆円迄伸びている仮想通貨となっております。

このイーサリアムの特徴は、ビットコインが持つブロックチェーンの技術を踏襲しながらも、更に機能を広げスマートコントラクトと呼ばれる技術を取り入れられる様に改良されている点に有り、ビットコインとの差別化を図っております。

既に2017年の1年間での時価総額の伸び率は90倍以上を記録している仮想通貨となります。

次にご紹介するのはリップルと呼ばれる仮想通貨です。このリップルと呼ばれる仮想通貨は時価総額が8兆円の仮想通貨時価総額第3位にランキングされており、今後の躍進が期待される仮想通貨となっております。

このリップルの特徴としては、世界的な有名企業であるグーグルも出資を行っている程注目度が高い仮想通貨であると言えます。

又、実際に取引を行った場合の送金時間の早さや、送金手数料の安さ等多くのメリットを持っております。この事は、現在最も流通量の多いビットコイン以上に国際取引の決済を行う上で向いていると言えます。

又、時価総額も2017年には50倍も跳ね上がっている事から、ビットコイン以上に注目を集める仮想通貨であると言えます。