仮想通貨を採掘するとは何なのか

仮想通貨 マイニング
仮想通貨のことを知ろうとすると採掘という言葉が出てきます。採掘というのは仮想通貨の世界ではマイニングと呼ばれていて、銀行だと預金通帳があって現金の出し入れが記帳されますが、仮想通貨の場合には預金通帳というのがないので、ネット上のどこかで誰かが管理しなければなりません。

例えば、ひとりの人間がビットコインの動きをチェックしていたら大変な量になり、管理するのが難しくなってしまいます。

スーパーコンピューターで記帳していくとなると膨大なコストがかかってしまいますし、ハッカーにやられたらそこですべてがダウンしてしまいます。

そこでブロックチェーンという方法で台帳を管理するようになってきたのです。

採掘するとご褒美がもらえる

マイニング専用のソフトが登場してから個人でも台帳の照らし合わせができるようになってきました。

ネットワーク上で有志が集まって仮想通貨の台帳を管理しているので、報酬がないと誰も動いてくれません。

仮想通貨の動きを照らし合わせて最初に完了した人に1枚の仮想通貨がプレゼントされます。そのことを採掘といいます。

鉱山のように掘って何かが出てくるというわけではないので勘違いしないようにして下さい。照らし合わせ作業で最初に完了したら仮想通貨の発行元からご褒美がもらえると思っていいと思います。

企業が競い合ってマイニングする時代になってきた

人気のない仮想通貨なら個人でもマイニングができますが、ビットコインのような有名な仮想通貨になると、1枚の価格が2017年12月の段階で200万円の値が付いています。

上限が2100万枚まで発行されるので、少しでも多くのビットコインを企業が欲しがるわけです。そのために膨大な資金をかけてコンピューターとプログラムに投資し、マイニングしようと試みています。

日本でもFX会社の何社かマイニングに取りかかるプロジェクトを進行しています。

マイニングは電気代との戦い

企業が競ってマイニングするようになると何が起こるかというと、電気使用量が異常なほど上がるということです。地球規模でマイニングが行われているので、電力量が例年に比べて跳ね上がってきています。

個人のパソコンでもソフトによってはかなりCPUを圧迫していくので、採掘目的でパソコンを動かすと通常より電気代がかかってしまいます。

価値のある仮想通貨ほどマイニングに参加する企業が増えるので、一番乗りになるのは到底難しくなってきます。価値が上がるほど電気代がかかりすぎて採算が合わなくなってきます。

もし個人でマイニングするなら、例えばモナコインやリップルなどこれからの仮想通貨をマイニングすると、もしかしたら採算が合うかもしれません。

マイニングできればわざわざお金をかけて購入しなくても良くなるので、電気代を計算しながら探してみると、現金投資のリスクを減らして仮想通貨を楽しむことができます。